インフルエンザ予防接種補助金(東京土建国保加入者)の申請を忘れずに

東京土建国民健康保険組合では被保険者(組合員・家族)を対象としたインフルエンザ予防接種の補助金を支給しています。補助金の支給対象期間は4月から翌3月末の年度内になりますので、予防接種を受けられた方は、忘れずに申請するようにしましょう。

【補助内容と申請方法】
年度内に1人1回、一律2000円を支給します。
専用の申請書に必要事項を記入の上、予防接種を受けたときの領収書(コピー不可)または接種済証明書や母子手帳などのコピーを添付して、所属の東京土建各支部に提出してください。(添付書類については、いずれも、接種者の氏名、医療機関名、接種日がわかるもの)

申請方法の詳細についてはインフルエンザ予防接種補助金申請書を確認してください。申請書は東京土建国保の保険証と一緒にお配りしている国保ガイドに添付されています。国保ガイドを無くしてしまった方は、東京土建国保組合ホームページ内の申請書ダウンロードページからダウンロード(PDF)することもできます。

その他の制度については東京土建国保組合HPへ移動→ここをクリック

※東京土建国保組合のインフルエンザ予防接種補助金の申請は接種日から2年で時効となります。接種済証明書などの添付書類が必要なため、早めの申請をお勧めします。
※75歳以上の組合員については組合総合共済からの補助がありますので、所属の東京土建各支部に確認してください。

この記事が役に立つと思ったらソーシャルメディアで共有してください。