インフルエンザ予防接種補助金(東京土建国保加入者)の申請を忘れずに

東京土建国民健康保険組合では被保険者(組合員・家族)を対象としたインフルエンザ予防接種の補助金を支給しています。補助金の支給対象期間は4月から翌3月末の年度内になりますので、予防接種を受けられた方は、忘れずに申請するようにしましょう。

【補助内容と申請方法】
年度内に1人1回、一律2000円を支給します。
専用の申請書に必要事項を記入の上、予防接種を受けたときの領収書(コピー不可)または接種済証明書や母子手帳などのコピーを添付して、所属の東京土建各支部に提出してください。(添付書類については、いずれも、接種者の氏名、医療機関名、接種日がわかるもの)

申請方法の詳細についてはインフルエンザ予防接種補助金申請書を確認してください。申請書は東京土建国保の保険証と一緒にお配りしている国保ガイドに添付されています。国保ガイドを無くしてしまった方は、東京土建国保組合ホームページ内の申請書ダウンロードページからダウンロード(PDF)することもできます。

その他の制度については東京土建国保組合HPへ移動→ここをクリック

※東京土建国保組合のインフルエンザ予防接種補助金の申請は接種日から2年で時効となります。接種済証明書などの添付書類が必要なため、早めの申請をお勧めします。
※75歳以上の組合員については組合総合共済からの補助がありますので、所属の東京土建各支部に確認してください。

この記事が役に立つと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

【不審な電話にご注意ください】

東京土建および東京土建の関連団体を名乗り『事業主の携帯電話番号を聞き出そうとしたり、資格講習の修了証を送らせようとしたりする不審な電話がかかってきた』という報告が複数寄せられています。個人情報をだましとることが目的だと思われます。

不審な電話は03-5656-2711からかかってきています。

ナンバーディスプレイなどで番号が確認できる方は、上記の番号からかかってきた電話には対応しないようにしてください。また、上記以外の電話番号に変えてくる場合も考えられますので、たとえ、電話口で東京土建または東京土建の関連団体を名乗っていても、知らない担当者に個人情報を伝えたり、東京土建各支部以外の所在地に書類を送ったりしないように注意してください。この電話あやしいな・・と思ったときは、いったん電話を切って、組合員さんは所属の支部へ、一般の方は東京土建本部へ、確認の電話をかけるようにしましょう。

この記事が役に立つと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

みんなで学ぼう誰でもできる拡大運動【動画】

9月~10月は組合の仲間を増やす『秋の拡大月間』に取り組んでいます。東京土建練馬支部が作成した、2017年秋の拡大運動「みんなで学ぼう誰でもできる拡大運動」の動画を紹介します。ぜひ、みなさんも組合の魅力を伝え、仲間のつながりを広げる拡大運動にご協力ください。

【動画作成・東京土建練馬支部】

この記事が役に立つと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

第39回将棋大会を8月6日(日)に開催

厚生文化部が主催する毎年恒例の将棋大会が2017年8月6日(日)、けんせつプラザ東京(東京土建本部会館)で開催されます。申し込み締め切りは7月20日までです。詳細は、どけん共済会HPでご確認ください。

 

※画像をクリックするとチラシ(申込書)のPDFダウンロードになります。

この記事が役に立つと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

東京建築カレッジ生徒作品を東京土建本部会館1階で展示中

次の時代をになう建築スペシャリストを育成する『東京建築カレッジ』(池袋)の生徒による卒業制作などを、けんせつプラザ東京(東京土建本部会館)の1階で展示中(期間未定、開館時間は平日の午前9時~午後6時)です。会館の外から見えるように展示してありますが、中に入って近くからもご覧いただけます。

 

※展示は2017年8月初旬までの予定です。

東京建築カレッジについてはコチラ

 

この記事が役に立つと思ったらソーシャルメディアで共有してください。